タイプ別英語教育のメリット・デメリットを比較してみました

英語教材
Pocket

英語・英会話教育にはいろいろなタイプや方法があります。
ここでは一般的に英会話教育として認知度が高い3つの方法についてメリット・デメリットを比較してみます。

オンライン英会話

オンライン英会話とは主にSkypeを使用して、講師の方とマンツーマンで行う英会話教育。
マンツーマンなので自分の学習ペースに合わせて、無理なく英会話教育を続けることができます。

メリット

  • サービス価格が安上がり。入会金なしの月額料金が1万円前後といったところが多数を占めています。
  • 講師1人、生徒1人のマンツーマンスタイルでレッスンが行われるので、他人を気にすることなくレッスンを受けられます。
  • 自宅で気軽に受けることができるので通う手間が省けます。

デメリット

  • 機器やソフトウェアの操作が苦手な方は使用方法を覚える手間がかかります。ただし、一度覚えてしまえばノープロブレム!

駅前留学・英会話スクール

英会話スクールといえばNOBAが有名ですね。
大都市であればほとんどの場所でスクールが開かれていると思います。

メリット

  • 対面方式でレッスンを受けられるので、安心感があります。
  • 資格取得のための対策レッスンが受けられます。
  • 幼児・小学生向けから中・高・大学生向けのレッスンが充実。
  • 短期集中講座や海外短期留学のコースが充実しています。

デメリット

  • 一般的に費用は高め。一般的に月2万円以上は必要。
  • 通う必要があるので時間の確保が大事になってきます。

ラーニング講座

ラーニングとは日本語と英語を交互に聞いたり、聞き流すことで耳で覚えていく方法。
石川遼がCMをして話題の英会話教育方法です。

メリット

  • 英会話を聞き流す方式なので簡単に実行できます。
  • 通勤中の電車の中や車を運転中でも行えます。

デメリット

  • 英単語や文法を知らない人にとってはなかなか覚えられません。つまり既に知識がある上級者用に作られている教材になります。
  • 聞き流す人の能力によって効果に大きな差が出てしまいます。暗記が苦手な方や英語の基礎がない方には難しいといえます。
  • 聞き流すだけなので正しい発声や発音が身に付きにくいことも挙げられます。
Pocket

コメント